FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日記~2009命日

2011/02/07 21:59|
どうもこの時期は気分が不安定になっていかんな。

さて、この日だけは僕の胸の内を思うがままに書き殴るよ。

自分の分身、いや、それ以上の存在だった弟にもう6年も会ってないのか。
全くそんな感じがしない。
それだけ、6年経った今も弟のことを考えない日は無いからだろうな。
まだ数か月くらいしか経ってない気分だ。

弁護士も手の打ちようがない現実。
法の無力さというやつを嫌というほど思い知らされ、
このまま事件が風化され、僕自身、弟がいない生活に慣れてしまい、
なんでもない日常生活に溶け込んでしまうことを、当時、僕は何よりも恐れたよ。

人ってのは忘れる生き物だからな。
そして思い出を美化させる。
そういう風にできてるからな人間は。

でも僕はそうはなりたくなかったんだ。

結果、それは杞憂に過ぎなかったよ。

弟を虐待により死に至らしめた社会福祉師を語る加害者どものことが頭の中をよぎっただけで今でも頭がカッと熱くなって全身の血液が煮えたぎるような感覚に襲われる。

口の中はカラカラで、自分でも目を背けたくなるような醜い感情が胸の奥でくすぶりはじめ、瞬く間に胸中に広がり始める。

▽つづく。▽
スポンサーサイト



トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009命日

2009/02/07 19:51|
久々に書き込み。

命日。

この日が来た。

今日は仕事も希望休をとり休んだ。

▽つづく。▽
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~20093回忌

2007/02/07 23:59|
3回忌。
あれから2年。
事件からは3年以上経つ。

心は次第に穏やかに。

ただその穏やかになっていく自分に覚える焦り。

状況はあの頃と何も変わらない。

ただ、2年経った今でも、弟の命日に弟の友達が大勢来てくれた。

弟は人生においてどれだけの人に貢献していたかがひと目でわかる。

今、生きていたら。

そんな意味のないことを考えながら今日も終わる。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009誕生日

2006/07/11 18:31|
弟と僕は、年が違えど誕生日が一日違い。

自分の誕生日を迎えようとするたびに弟の誕生日も同時に近づく。

複雑な日を毎年迎える。

弟の誕生日、弟の友達がわざわざ我が家に尋ねてきてくれた。

ずいぶん時が経つのに、弟は本当に周りの人に慕われていたのだということを改めて感じる。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009旅行

2006/06/05 22:03|
入社したとき、社員旅行の説明があった。

社員旅行に行く頃、僕はまだ仕事をしているだろうか。

あるいは、仕事をしていたとしても、社員旅行なんかに行く気分になれるだろうか。

そんなことばかり考えていたが、先日、ついにその社員旅行に行ってきた。

弟は、学校で催された海外旅行の旅先でひどい目に合わされ、帰国ご、錯乱状態に陥った。

帰りの飛行機ではどんな気分でいたのか。

僕が飛行機に乗るとき、そういうことばかり考えてしまい、旅行を楽しむ余裕なんてあるはずがないと思っていた。

以前まで僕は旅行が好きだったが、もはや旅行に行くたびに弟に起こった惨劇を思い出しそうで、あれ以来、2年間、旅行をしたことはなかった。

▽つづく。▽
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009弟が夢に出たとき

2006/03/29 23:07|
弟が夢に出るとき、それは生前の頃の夢ではない。

夢の中でも弟は間違いなく他界しているはずが、
どういうわけが現世に存在していて、
僕たちはどうしてそんなことが起こりうるのかなど、
極力考えないように必死になって、
とにかく、今、そこに弟がいるという時間を大切にすごしている。

そんな夢が多い。

もう僕の中の意識も、弟は他界したものとなってしまっているのもあるだろうけど、夢でさえも、楽しかったあの頃には戻れないのかなと思う。

2年以上。
苦しみ続けた時間が長すぎた。

すっかり染み付いてしまっているのかもしれない。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009お墓参り

2006/03/04 23:45|
弟の墓参りに行ってきました。

何とか日常生活を送れるようになってきてはいるけど、弟を目の前にして手を合わせると自然と涙があふれ出てきた。

悲しくて悲しくて仕方が無いんだけれども、僕の中には、こんなに悲しい気持ちもいつか自分の中で風化されてしまう時期が来てしまうんじゃないかという不安がいつもある。

でも未だに胸が締め付けられるような思いになるので、奇妙な表現になってしまうけど、こういう気持ちがまだ衰えずに僕の中に残っていることに、少し安心感を覚えたりする。

だけど、そんな自分が不謹慎なんじゃないかとか、実は悲しみに酔ってるだけなんじゃないかとか、そんな気分にもなってきてすごく複雑だ。

僕も人間だから間違った考えをしてしまうこともあるけど、あるべき姿であろうとすると、自分の中で認めたくない部分を認めざるを得なくなったり、様々な矛盾が生じてしまう。

だけど、それが人間であって当たり前の感情なんだろう、と思うこともできるけど、それもまた、自意識を正当化しているに過ぎないように思えたり、きっと答えなんて永久に見つからないんだろうな。

この日、弟が夢に出てきた。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009存在するということ

2006/02/24 15:36|
弟がいなくなってから、逆に僕が今こうして生きていることの方が不思議でならないと感じることが多々ある。

死が受け入れられないとか、実感が湧かないというのは、身近な人間の死を突きつけられた人間なら多くが似た感覚に陥ることなんだろうが、なんだかそれだけじゃないんだ。

弟がいなくなった、ということは僕個人にとっては非常に大きすぎる出来事だが、そもそも存在そのものについて言うなら、この広い宇宙規模へと視野を飛ばすと、僕達なんていてもいなくても大して変わらないし、存在する意味すらない。

つまり何を基準に置くかで、僕の身近な人間の死ですら、たいしたことではないのかもしれない。

表現が不謹慎かもしれないが、主観的な視野を一切払拭した場合の話だ。

▽つづく。▽
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~20091年の儀

2006/02/22 00:46|
弟が亡くなり1年が過ぎた。

我が家は神式なので一周忌とか命日といったものが一般の家庭とは異なり、やや特殊で、先日、その一周忌の儀式を執り行いに横浜まで行ってきた。

徐々に平凡な日々を取り戻せてきている僕達。

1年前、あんなにも悲痛に苦しんでいたのに、それでも今はあの時ほどの痛みが無いことが逆に自分としてはショックだったのだが、実際に儀式を行うにつれ、1年前の悲劇が瞬く間に鮮明に蘇り、やはり涙を止めることは出来なかった。

その時僕は確信した。
ああ、この痛みは、普段は胸の奥のどこかに潜み続け、決して消えることはないんだ、と。

そんなことはわかりきっていたことだけど、改めて思い知らされた気分だ。

▽つづく。▽
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

日記~2009一年。

2006/02/07 18:59|
2月7日。

1年前のこの日、弟がいなくなった。

あれから一年。

もう一年か、という思いもあれば、あまりにも長かった、という思いもある。

数ヶ月前から僕の頭の中は「もうすぐで一年がたつ」ということでいっぱいだった。

加害者に対し、自分では抱いたことの無いどす黒い感情があふれ出し、そんな自分に衝撃を受け、それでもどうすることもできなかった自分。

▽つづく。▽
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.