FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日記~2009お墓参り

2005/07/18 19:40|
isekai-0009.jpg


弟が納骨されたものの、事情があって実家からは少し距離のあるところだったので、あらかじめ予定を立ててからじゃないと弟の所に参ることは出来ませんでした。

そして先日、ついに、1泊2日で弟のところに、家族3人と、上京してきている祖母も連れて弟が納骨されている地へと赴きました。

そこは雲をも望む山頂にあり、世俗のものとは隔離された天上界のような印象を受けました。

人の手によって弟や家族があんな目に遭わされたことから、僕は人間が金と欲と私情にまみれた汚い生き物だという偏見や猜疑心が根付いてしまっているので、僕は「いいところだ」と思えたけど、弟は人間が大好きだったから少しさびしいかもしれないな、と感じた。

弟の目の前で祈るとき、家族は元気に暮らしているだとか、色々なことを報告するはずだったのに、何も頭に浮かばなかった。

ただひたすら「まーくん・・まーくん・・」と弟のことを呼び続けることしかできず、最後にようやく出てきた言葉が、「お願いだからカタキを打たせてくれ」という一言だけだった。

▽つづく。▽
スポンサーサイト



トラックバック:0コメント:0人気ブログランキングへ |編集

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.