FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

雑記命がだめなら人生を充実させるのみ。

2005/11/12 00:48|
人間というのは誰しも色々な悩みを抱えていて、その人にしかわからない悲しみを経験したりして、それを乗り越えながら生きる。

人は皆いずれ死ぬし、家族を失うというのも誰もが経験することだ。

人の命という物に対して言い方が不適切かもしれないが、そういう意味では人の死なんてものは当たり前のことで何もおかしいことでも特別なことでもないんじゃないかと僕は思う。

当たり前。そう、それが当たり前のことなんだ。

今、こうしている間にも無数の命がその終焉を迎えている。

人は何のために生まれたかとか何のために生きているのかとか、そんなことは考えても誰にも解決することはできない。

だが、人の命というのは限られているからこそ、皆必死で生きるんじゃないかと思う。

いずれ迎える死に向かって、その経過を何よりも大事にしながら生きるからこそ、命は大切であり、終焉を迎えるべき日が来る前に途絶えさせてはいけないんじゃないだろうか。

そう、人にとって最大の悲しみであるはずの「死」をも僕らは覚悟し、克服する思いで生きていたのであり、その僕らが悲痛さを訴えるということはそれは死以上のものであることを強調したい。

▽つづく。▽
スポンサーサイト



トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.