FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日記~2009病院

2004/11/10 22:19|
こういった日記は手元で記すのとネット上で公開するのとでは違うのでその点は細心の注意を払いたいと思っている。

閲覧している人に余計な心配をかけたり、何か尋常ではないようなことを書いて事件性を臭わせたりすることで騒ぎを起すような記述だけは避けなくてはいけない。

世の中は事件性やちょっとした話題性が人を呼ぶ。

この日記は、そういった騒ぎを起したりだとか、注目されることを目的としない。

ただ突きつけられた現実と戦う僕たちの記録を残し、こういうことが実際にあったということを、真剣に興味を持って知ろうとしてくれる人達への情報発信であり、それが世の中の認識の改善につながれば、と願ってこその公開だということを前提に読んでいただきたい。


ここまで僕が念を押すのは、事実を書き記すにあたり今日の日記は自分の死を描写する表現を交えざるをえないからだ。だけど実際は僕はまだまだ倒れるわけにはいかない。死ぬつもりもない。

だから、ましてや、自分の死をほのめかす表現をして注目されることを望んでなんていないということを大前提として書くわけだが、

やはり弱者が排除されるという社会への憤りや絶望感から、死へ対する意識が脳裏に根付いてしまう。

というよりも、あまりに過酷すぎる現状に、死への恐怖感がない、ということ自体に恐怖を感じる日々だ。

だがこういう時に大きな決断をしてはいけないということはわかっている。

自分がどんな認識になろうと、死を恐れまいと、もしここで僕に何かあったら、残された家族はもう二度と平穏な日々を過ごせなくなる。

自分のためではなく、家族のために僕は生き続けなくちゃいけない。

死への道を選ぶなんてとんでもないことだ。

だが、正直僕は今、自分がどういう状態なのかわからなく、今はこう思っていても何が引き金になって早まった行動をしでかすかわからないという漠然とした不安があった。

僕の育ってきた環境はあまりにも特殊で、僕はどんな試練も乗り越えてきた。だから今の試練も乗り越える自信はあるのだが、そういう確固たる自信があるからこそ、今、ここまで沈んでいる自分に衝撃があるのも事実だ。

今の僕は、自分で思っている僕じゃないかもしれないという、万一の可能性を考えて、本日、医師の診断を受けた。

しかし僕は今の精神状態から、事件の解決無しに復帰するつもりはない。復帰自体、僕が「望まないこと」だ。

決してこの怒りを忘れてなるものか、という思いに変りはないが、怒りを持続させすぎて極限状態に達して途中で自分が力尽きては話にならない。

完全復帰が目標というよりは、現状の一時しのぎのつもりでの受診の決意だった。

うつ病の兆しがある、と診断された。

次の診察で、正式な心理テストを受ける。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/102-fd6cfc9e

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.