生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

いただいたメッセージちーこさんより。

2005/03/04 16:55|
ちーこさんよりメッセージをいただいたのでお返事を含め、ご紹介させていただきます。

こんにちは、久しぶりに来ました。
来ないうちに、いろんな変化があったようですね。


ご投稿ありがとうございます。変化がありすぎて何が何だかわからない状態でした。あまりにも非日常的過ぎてそれを受け止められないがために思ったより返って落ち着いてる自分がいてそんな自分もわからかったりと言った状態でしたが、ようやく実感となり、今頃になって悲しみと怒りが込み上げてきた感じです。





弟さんのこと残念です。
あーそうか自分も体験するんだなーと思うと、何ともいえない気持ちになります
。(うちは兄と弟ですが。)

ご兄弟がいらっしゃるんですね。僕は幼い頃から弟の短命のことは知っていたので、死へ対する覚悟というものが身についていたため、普通の兄弟とは少し感覚が違うかもしれません。

だから、無事その生涯をまっとうできるのであれば(若くして死を遂げるようなことが無ければ)それはいずれ誰もが受け入れなくてはならないこととして受け止められる気がするのですが、その時、その瞬間に自分が実際に味わわないとわからないことというのは多いですよね。

兄弟というのは共に血をわかちあっただけでなく、共に成長をしてきた独特の存在です。世の中は母や父親の愛といったものにどうしても着目されがちで(もちろんそれも蔑ろにされてはならないものですが)一見それぞれが好き勝手に成長しているかのように見える兄弟にも独特の絆があるということを意識し、大切にしてもらいたいな、と思います。

あなたが、弟さんのこと大切に思っていることがとても伝わります。いろんな事件があっても、それが世間では事件にならないことなのか?と思うと憤りを感じます。


ありがとうございます。本当にそのとおりです。問題を起こした側の反応は未だにありません。もう1年半以上が経過していますが、強硬手段に乗り出すというのはこちらとしても気分がいいものではないし、自分の負った傷をさらに広げてしまう気がして、出来ることなら避けたいところです。そんな思いも相手側には決して理解できないことなんでしょうね。

相手の気がおかしくなるくらいのことをしているのにそれを感じない人たちがたくさんいるのかと思うととても怖くなります。


僕は昔からそういう人たちを見ていても、何らかの発想の転換をし、自分を納得させながら生きてきましたが、こうなった今、今まで自分の中で感情を押し殺してきたことが全て間違いだったのではないか、と、僕も本当に怖くなります。
世間で軽々しく人間不信や社会不信などという言葉が使われているのでそれと同じ程度だと思われたくないのですが、まさしく重度の社会不信に陥ろうとしています。
考え方一つで物事は大きく変わると信じてきた僕ですが、もはやそれも抜き差しならない状態へと追いやられ、限界近い自分がどうなってしまうのか、という意味でも恐ろしいです。

私はあなたのことも心配です。つらい日々の中でも、何か光が見えてくればいいなーと願っています。


ありがとうございます。僕は一度ウツ状態を自力で脱したことがあるので、今回もまたそんな芸当が出来るとはとても思えませんが、何が何でも復帰し、今回の事件の凄惨さを世の中に伝えて行きたいと思っています。

前にもメールを送りましたが、名前がこれだったかわかりません。ごめんなさい。


ちーこさんという名前に覚えはないですね。ごめんなさい。だけどお気遣いいただいた文面はとても嬉しかったです。どうもありがとうございました。
トラックバック:0コメント:0人気ブログランキングへ |編集
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/148-cd8c57bd

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。