FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

雑記弟が亡くなってつらいこと

2005/05/10 21:10|
弟の短命は幼い頃から覚悟していたことだ。
そのおかげで僕は周りの人間が普段考えないようなことを日常的に考え、普通とは違った感覚で成長することになったが、それは必要なことだったと思う。

その甲斐あってというには不適切かもしれないが、死なんていうものを普段考えないような人が突然身内の死を突きつけられるよりは、弟の死そのものに対して心の負担は少ないかもしれない。

もちろん弟がいないのは寂しい。

しかしこういう結末を迎えて何が一番つらいかというと、
短命ならばせめて最後まで精一杯自分の人生を歩ませてやりたかったのに、第三者の心無い行為によって最悪の2年間で人生の最後を締めくくらなければならなかったこと、ただでさえ短い寿命を断ち切られ、「短命ながらも精一杯生きる」という目標さえも達成できなかったことだ。

つまりは亡くなったことが無念であることに変わりないように聞こえるかもしれないが、仮に事件も何事もなくても同じ次期に他界する運命だったとしても僕にとっては全く大違いで、これは弟・マナブと連れ添ってきた僕たち家族にしかわからない感情だろうと思う。

▼コメントリスト(2)
トラックバック:0コメント:2人気ブログランキングへ |編集
コメント
どんな人間でも、その人なりに生きていけたって事が本人にとっても、家族にとっても大切なことだと思います。
それがかなわなかったって事は、とてもつらく悲しいことだと思います。
残された家族にとっても・・・。
マナブさんも事件がなかったらもっと充実して最期を迎えられたと私も思います。
それが、悔しくてたまらないですよね。
ちーこ |2005/05/12(木) 00:13 [ 編集 ]
そう、死こそが最悪の結末というのが一般的な考え方かもしれないし、もちろんそれもあるんですが、短命で宿命付けられた者や家族にとっては、そういう常識で考えられるレベルの外側の世界なんですよね。
もはや僕たちの人生の全ての中で、短命は受けれざるを得ない、曲げようのない事実。ではせめてその間だけでも、という感覚は、実際にそういう家族と共に生きなければわからないことだと思っています。
お悔やみの言葉ありがとうございます。
イッペイ |2005/05/12(木) 11:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/171-c86301d1

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。