FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

日記~2009病院にいくはずだった。

2005/06/25 20:12|
今日は病院で診察とカウンセリングを受ける日だった。

車に乗り込んだ頃から非常に気分が沈みこみ、病院に行きたくなくなってきた。

しかし行きたくないという理由で行かないわけにはいかない。

僕自身が行きたくなくても、僕は自分のためではなく、周りの人たちのために立ち直らなくてはいけない。

しかし病院に近づくにつれ、胸が締め付けられるような感覚は強くなり、頭痛・吐き気・目眩に襲われた。

突如涙が止まらなくなり、とても話が出来る状態でないと判断し、予約は急遽キャンセル。



今日行くはずだった病院は、生前、弟も通っていて、僕が今の状態に陥っている事情はよくわかっている。

病院通いという非日常的習慣というのは、本当に気持ちを暗くさせるものだなと思った。

弟は1年以上もよくこんなところに通ったものだと思った。

家からの距離も近くはないし、体力的にも精神的にもどれほどの負担があったかと思うと想像するだけで視界が閉ざされる思いだ。

僕自身、病院に通うことが苦痛だというのもあるが、今日、引き返さざるを得なくなった最大の要因は、僕の気分が優れないというよりも、弟はこれの何倍もつらかったに違いないという思いが、今再び僕をどこかに突き落としたのだと思う。

僕だけが苦痛を感じることなんて昔からどうでもよかった。

ただ、弟が苦しむことで二次的に僕が苦痛を味わうとしたら、それは僕がこの世で最も恐れる類の苦痛であり、こればかりは耐えられるものではなかった。

家族の苦痛は誰にとっても耐えがたいものではあるが、弟はその上を行く存在だった。

弟は誰よりも一生懸命に生きていたし、あまりにも若かった上に加害者によって命を断ち切られたに等しい結末だった。

人はいつか死ぬ。身内のそれは誰もがいずれ経験することだが、例え母や父を失ったとしても、今回味わった弟の件での苦痛を上回ることは無いだろう。

今は落ち着いてきているが、先ほど病院に向かった時は、こんな状況下、とても口頭で気持ちを言い表せるとは思えなかった。

なんとか気持ちが落ち着いたその一瞬の隙を突いて、僕は文字で思いを書き留めておくしか手段が無いのかもしれない。
トラックバック:0コメント:0人気ブログランキングへ |編集
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/194-1b497c51

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。