FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

日記~2009就職

2005/09/01 18:58|
書くのが億劫で先延ばしになってしまいましたが、実は先月末に就職が決定しました。

だけど正直複雑な心境です。

とても就職して社会に貢献する意欲なんて湧いてきませんが、おそらく時間がいくら経過してもそれだけでは僕の気持ちが癒えることなどないので、生きていくには自分から前に進まざるを得ませんでした。

特に危機感はなく、義務感のみで何となく就職活動が続いたものの、気に入った企業からはことごとく落とされ、自分があまり気に入らなかったところからはほとんど採用通知が来たりしたんですが、特にそれを皮肉だと感じたことは無かったです。

内心、不採用が来ると安堵し、採用通知が来るとかなり慎重に吟味する傾向にあり、採用通知は全て蹴っていました。

やはりまだ心が落ち着いておらず、前に進みたくても進めない心境だったのかもしれないです。


しかし今回採用通知が来たところは、非常に人間味にあふれていて、僕自身はまだ気力が充実していないまでも、「ああ、平静時の僕なら就職するなら多分こういうところに就くだろうな」という印象の持てるところでした。

自分の気に入ったところから採用が告知されたのは今回が初めてだったので、自分の背中を後押しして就職するに至りました。

面接では当たり障りのないことを言ったけど、弟の話を避けて通るわけにはいかず、弟に関する質問を受けると、どうしても閉口してしまっていたけど、それでも採用してくれた人たちに恩返しがしたいという思いもあります。

そんな風に前向きに構える自分がいる一方、やはりまだ時期尚早なのではないかとあやぶむ自分がいます。

何しろ身に降りかかった不幸が尋常ではなかった。

僕は他の人たちと同じように笑いながら毎日を共に過ごせるだろうかと思うと、不安は果てしなく広がっていきます。

喜ぶべきところで心から喜べない。
そして周りの人たちも心から祝福することが出来ずにいるのを肌で感じています。

僕の日常がいつか帰ってきますように。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/221-e7a9f670

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。