FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

日記~2009今日

2004/11/16 21:08|
今日の僕は何をしていたか。
泣いていました。

このブログを目にしている人は、僕の弱い部分だけしか文章で読んでいないから、悲観が過ぎるように見えてしまうかもしれないけど、それは今まで僕たちがどれだけ前向きに生きてきたかを見ていないから感じることだといわざるを得ない。

介護や障害において僕たちがくじけそうになったことなどほとんど無かった。

そんな僕が弟のことでこんなにつらい思いをするというのは、それだけで弟に申し訳ない。

きっと弟は自分が障害を負っているせいで・・・と感じてしまうだろう。
だけどそうじゃないんだ。


事件に巻き込まれてここ1年以上我が家は生きる屍状態だったけど、でもそんなこと言仕方が無いのは僕が一番よくわかってるんだ。

そんなこと言葉にしたって自分をより惨めな状態に追い込むだけで何の解決にもなりゃしない。

悲劇の主人公を気取って自己陶酔して、慰めの言葉もらって満足できるくらい軽い問題なら僕だって泣き言とか愚痴もこぼすだろう。
ここで僕が弟の支えにならないでどうする。

だけど、僕は自分自身に降りかかる不幸ならいくらでも耐えることが出来るが、凄惨な事件が弟を襲ったとなったらもはや自分を抑え続けることが出来ない。

そういうものじゃないから1人で背負ってたらまた今日ちょっと潰れてしまったんだ。

矛盾と葛藤が頭の中で交錯する。

泣いたら少しすっきりした。
こんなところで倒れるわけにはいかないんだ僕は。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/222-eaeb8327

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。