FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

いただいたメッセージ皆さんありがとう

2005/12/14 18:35|
時間や内容、そして気分的な問題からひとつひとつのコメントに触れることが難しくてすいません。

ただ、やはり障害者の兄弟を持った方からのメッセージが多く、どれも共感できるものばかりです。

少しですがこの場を借りてお返事を書いてみます。

今までにも色々なブログやサイトを見たけど僕のブログは少し違う印象を受けた、という声を寄せてくれた人がいました。

どうしても文章をつづると悲劇を誇張しがちになったり感動的なお話になりがちですが、僕は何かを語ることで同情が欲しいわけでも何でもなくて、単に起こった出来事や心情をそのまま伝えたい。

僕の考え方を書くことで共感してくれる人がいても異を唱える人がいてもさほど関係なく、目的が「伝えること」に限定されていたからそのあたりが一種独特だったのかもしれないです。


次。同じく障害を持ったご兄弟をお持ちの方から。

弟さんを失う恐怖が薄れることはなく、自分は何一つ楽しんではいけないような気がしてしまい、僕にもそういうことがあったかどうかというご質問をいただきました。

僕も全く同じでした。
だけどそんな気持ちを家族に言うわけにもいかず、おそらくこういう気持ちが芽生えたら僕たちはずっと独りで抱え続けなくちゃいけなくなるんだろう。

そしてやがてそれが当たり前のことになってしまって、自分より先にまず兄弟のことが全てにおいて優先されるようになる。

だけど僕はいつも両親や弟本人から言われてました。

家族として協力はして欲しいけど、自分の人生を犠牲にするようなことはして欲しくないと。

旅行に行きたいときは行けばいいし、楽しかったら旅行先の話も聞かせて欲しい。

だから僕は僕なりに自分の生き方を楽しもうという努力はしたものの、それで全て解決できるほど簡単な問題じゃなく、やはり心のどこかで、「自分が楽しむこと」に対する罪悪感に苛まれてきました。

誰にも打ち明けられず、こういう問題を1人で抱え続けてしまうことって、兄弟に障害者を持つ者の多くの人が該当する問題でもあり、決して放置するべきではないと僕は思います。

当然、弟が生きているときは「我慢するのが当たり前」だったので問題視すらしていなかったんですが、弟を失ってから初めて、他の人達のケースはどうなんだろうか、という方向へ目が向くようになりました。

独特の環境に育った人間とっては当たり前のことなので問題視すらできない傾向にある。

周りの気づいた人間が障害者の兄弟にしてやれることって何だろう。

色々メッセージをいただきましたが、皆さんに共通しているところがある。

ここに書くべきことじゃないかもしれないけど誰かに言いたい、同じ気持ちがわかる人がいると知った今、話さずにはいられない。
というような言葉が多くの人のコメントに追加されていて、やはり皆、色々なことを我慢してきたのだろう、ということを感じました。

気持ちはすごくよくわかります。

ただ僕がやはり心配なのは、ここで我慢していたものが堰を切ったようにあふれ出し、歯止めが利かなくなると、障害者の兄弟の立場や介護生活への苦痛を吐露する場になりかねない。

そうならないように、自分の気持ちを打ち明けるというのはとても難しいことだけど、でもそのあたりはさすが皆さん、人より家族の存在のありがたみを理解しているだけあり、本当に家族を思いやる気持ちが伝わる文章でしたし、この分なら大丈夫そうです。

あ、ブログでの出会いは一期一会と言ってくださった人がいました。

もしこの場で、多くの人が支えられるようになれれば、確かにこんなに貴重な出会いはなかなか無いかもしれないです。

今後どうなるかわかりませんが、試験的に掲示板を設置してみました。
ブログの一番上から飛べます。

メールフォームでも受け付けていますが、読者同士で交流されてみるのもいいものじゃないでしょうか。

何か問題がありましたら削除しますが、試しに置いておきます。
トラックバック:0人気ブログランキングへ |編集
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/240-4e32e05d

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。