FC2ブログ

生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

日記~2009【日記】幼き日の自閉症患者との接触

2004/08/31 16:15|
母の学生時代の友達から引越しのお知らせの手紙が届いたらしい。

彼女には自閉症患者の娘が一人いる。彼女がその娘をつれてうちに遊びに来たことを思い出した。僕がまだ小学校5~6年生の時です。あの家にいたのがちょうどその時期までだったので。

母と母の友人が話してる間、僕はその自閉症の娘さんと遊ぶことに。でも弟以外の障害者との接触が全くないわけじゃなかったけど、正直、対応に困りました。障害者に縁のない人なら大人だって戸惑うだろうし、そりゃ小学校5年生じゃ当たり前と言えば当たり前ですが。

障害者とは言え、弟の障害は身体のみで、コミュニケーションには何の支障もなく、精神に障害を抱えた人への接触の経験は僕にとっては皆無なわけです。



そしてしょせんは小5、当然自分で満足のいくような接し方が出来たとは思えなかったんですが、僕なりにあの時はほんとに一生懸命でした。

そしてこれは今日、その母の友人からのハガキが来て母から聞いたのですが、母の友人はあの時、僕がその娘さんとよく遊んでくれて感激して帰って行ったそうです。

それを聞いてああ、そうだったのか。よかった、ほんとによかった、って思いました。10年以上も前の些細なことですけどね。

ほんとうは当たり前のことのはずなのにね。お客さんが子供をつれてきたら一緒に遊ぶ。なんでもないことのはずなのに、その自閉症患者の母親は、もう娘さんが世間から異質な目で見られてしまうことに当時、すでに慣れてしまっていたそうです。

だから僕が何の抵抗もなく一緒に遊んでくれたということにすごく驚いてたみたい。いい大人ならともかくまだ小5だから、障害者に対する理解とかも普通なら少ないからまあ無理もないか。

でも僕はね。なんて言ったらいいかわからないけどそういう、異質なものを見る目を向けられることとかに「慣れてしまう」ってのが、他人の話でも本当に嫌だ。慣れるとか順応するとかっていうのは聞こえがいいけど、それは裏を返せば絶望とかあきらめ、って言う言葉に言い換えることができちゃうでしょ。絶対間違いでしょこれは。慣れちゃだめだよ。

ただ、あのとき僕が一生懸命その子と仲良く遊んだのは、障害を抱える人や、身内にそういう人を抱えた人の気持ちがよくわかるからに他ならない。弟に障害があるからこそ、僕もあの若さにして障害者への理解を深めようと努めることが出来たわけで、弟がもし健康だったら、僕はあの時どんな目で彼女を見たのだろう、と思うとすごく怖くなるんだよね。

正直あの時、あの子と一緒にいて、全くの偏見を持たずにいた、と言えばうそになる。「どうしてこんな症状の病気がありえるんだろう」「どうしてふつうにしゃべれないんだろう」という、小学生の僕の理解を超える疑問がたくさんありながらも、その疑問を「そういうものなんだ」と割り切って一緒にいられたのは、僕に弟がいたおかげだろう。

僕は昔から、親戚からも、周りの人から優しい子優しい子といわれて育ってきたけど、他者のことをわかりたいと願えるようになったのはほとんどが弟のおかげだと断言できる。
トラックバック:0コメント:0人気ブログランキングへ |編集
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/56-a78fd690

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。