生きてきた世界が違う。普段は身近な人に明かせない僕の本当の姿をつづっていくブログ。

異世界育ち
http://ippei.blog11.fc2.com/

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ
 

メールフォーム

プロフィール

イッペイ

  • Author:イッペイ
  • 健常者。弟に重度の障害者患者を持つ。
    弟は短命が宿命づけられ、
    僕はなすすべもなく見守りつつ、
    あらゆる制約を受けながらも
    常に前向きに生きてきたが社会により
    不当な扱いを受け、
    弟は虐待を受け精神錯乱状態に陥ってから
    弟は療養生活を余儀なくされたが
    約2年半後、常軌を逸した
    事件の後遺症が災いして他界。
    社会を生きていくにあたり何か壁にぶつかった時、
    弟の病気のせいにするのが嫌で
    家族にも親友にも誰にも洩らしたことのなかった
    僕の現在と過去を四半世紀経った今、
    自伝として書き綴ってみる。
    プロフィール詳細

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --:--|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ |編集

日記~2009休むこともつらくて

2004/10/20 22:56|
今回の僕の風邪がしつこくて、なかなか回復しないので、ここ2日ほど、介護を休ませてもらってる。

母が気をつかってくれて、あまり僕を呼び出さないようにしてくれて、ヘルパーさんやボランティア機関をうまく使ってくれているらしい。

僕としては体力的には非常に助かるが、精神的にはとても休まる気がしない。

夜、父が帰宅後は僕の代わりに父が働いてくれているが今、父は腰を痛めていて療養中。無理をしてまた故障でもしたらそれこそ我が家の介護生活に支障が出るし、一日でも早く復帰してもらうためにも、調子が悪いときは休んでいてもらいたいし、



昼間も、トイレや車椅子への移動にボランティアの人にやってもらうだけでは不十分だ。僕がリビングに下りる機会があるたびに、弟の体を少しでも動かしてしまわないと、座りなおしたり姿勢を調整できない弟の、床に接触している部分(おしりや、足首など)がうっ血してしまうし、

人の体は動かさないとただでさえ健康を脅かすのに、弟の筋肉は例え動かしてもどんどん萎縮していく。

そして、常人では想像がつかないほど介護は重労働で、トイレに運んだり寝かせたりという介護だけで手一杯で、母が弟のリハビリまで手を回すのは無理だから、やはり僕がやらなくちゃいけない。

が、弟の心臓は常人の数分の1しか機能していない。タンを切りたくても咳をする筋力もない。

風邪なんてうつしたら最後、それは一大事で、ひどいときは1ヶ月以上に及ぶ入院生活を余儀なくされる。風邪をひいてるときに不用意に僕が弟に近づくことは「どうしても」という場合を除いて極力避けたいし、今は体力の温存をするときだ。

つらいけど。
トラックバック:0コメント:0人気ブログランキングへ |編集
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ippei.blog11.fc2.com/tb.php/81-625b6bdf

ブログ内検索

もくじ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 手紙 | 掲示板 | 文章化について | 総合 | 不明点解説 | SCK事件 | 日記~2009 | 日記2010~ | 世の中と障害者 | 弟と筋ジス | いただいたメッセージ | 雑記 | 写真 | 僕の裏生活 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 異世界育ち
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。